商品先物取引 - Futures5

アクセスカウンタ

zoom RSS 米国ガソリン(RBOB)は、精油所の生産削減で上昇

<<   作成日時 : 2008/01/19 21:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

Wall Street Journalの記事「Gasoline Futures Post Gains As Refiners Reduce Output」)(精油所の生産削減でガソリン先物は上昇)の内容です。


画像少ない利益のために精油所は生産を減少させ、ガソリン先物は金曜日には上昇しました。 これは、燃料需要の見通しについての懸念が間違いだったことを示しています。

2月受け渡しのRBOBは3.66セント上昇し$2.3034で終えました。 これは、原油先物の抑制された上昇を追い越すものでした。・・・(原油よりもRBOBの方の上げが大きかった、と言うことです。)

十分な供給と緩やかな需要とで、精油所は急騰する原油コストを(製品に)そのまま転換出来ないでいました。 ポンプ(ガソリン・ポンプ:つまりはガソリン・スタンドのことです)では、ガソリンの価格は上昇していましたが、これらの上昇は、今のところ、原油価格の上昇と比較して抑えられたものとなっていました。 原油価格は、1月の始めには$100以上の新高値を付けました。 精油所が購入する原油価格と精油所が売る製品価格との間には差があり、この精油所の利ざやは低下圧力を受けていました。

NYMEXの2月受け渡しの原油は、金曜日には44セント上昇の$90.57で終えました。

ボトム・ラインを保った付値において、精油所を運営するTesoro corp.のような企業は、生産を削減しようとしています。 石油製品の生産を抑えることで、精油所はガソリンやディーゼル燃料の供給の可能性を低減させようとし、(石油製品の)価格は上昇します。

他の精油所の運営者は作業中での生産規模を落とそうとしており、Marathon Oil Corp.は湾沿岸の精油所においてこのような保守を行う企業のひとつです。 湾沿岸の精油所の利ざやは少なくなっていました。

先週での米国精油所の稼働率は、2005年にいくつものプラントでの運用をノック・アウトさせたHurricane Katrina以来、最も悪い値に落ちていました。

(内容は、Wall Street Journalの記事からの引用です 。 不正確な訳等があるかも知れませんがご了承下さい。)


昨年からの出来事をまとめてみると、原油価格が急激に上がったがそれが完全には製品に反映されず、精油所の利ざやは減り、年末には節税目的で原油在庫を減らし、今年に入って稼働率を低下させていることになります。

金曜日には、その要因でRBOBが上げ、さらに原油価格の上げの一因にもなりました。

いたちごっこを半分しているようで、個人的には割り切れない気分です。

直近の在庫統計も合わせて参照してみてください。 → リンクは、こちら です。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
米国ガソリン(RBOB)は、精油所の生産削減で上昇 商品先物取引 - Futures5/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる