米国為替市場は、ユーロが対ドル、対円で堅調

火曜日のニューヨークでは、ユーロが、対ドル、対円でリカバリーしました。 FEDが緊急利下げをアナウンスした後で、早朝の下げからの転換でした。 火曜日の遅くには、ユーロは$1.4618(月曜日$1.4441)、円は¥106.66(前日¥106.06)、ユーロ/円は¥155.89(前日¥153.13)、ポンドは$1.9586(前日$1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国石油市場は、FED緊急利下げでリバウンドだが・・・

原油はMar'08で94セント安の$88.45(Feb'08は納会で72セント安の$89.85)、RBOBは2.28セント安の$2.2806、ヒーティング・オイルは3.48セント安の$2.4726でした。 FRBが緊急利下げした後で原油先物は火曜日には大きな損失を削り、経済下降の厳しさが鈍くなることに対する楽観論を押し上げました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国ガソリン(RBOB)は、精油所の生産削減で上昇

Wall Street Journalの記事「Gasoline Futures Post Gains As Refiners Reduce Output」)(精油所の生産削減でガソリン先物は上昇)の内容です。 少ない利益のために精油所は生産を減少させ、ガソリン先物は金曜日には上昇しました。 これは、燃料需要の見通しについての懸念が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国穀物市場は、小麦高、大豆・コーン安

【小麦】 Mar'08は22’0セント高の962’4セントでした。 MGE(Minneapolis Grain Exchange)が3連続のセッションで新高値となるとともに、CBOTの小麦も供給不安で急騰したそうです。 MGEの3月小麦は$11.94 3/4(前の高値は$11.94)となり、これは米国取引所での新高値だそうです。 M…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国為替市場は、避難場所を求めてドル堅調、円はほぼ変わらず

金曜日の午後には、ユーロは$1.4627(前日$1.4659)、円は¥106.62(前日¥106.73)、ユーロ/円は¥155.94(前日¥156.51)、ポンドは$1.9560(前日$1.9704)、スイスフランは1.0967スイスフラン(前日1.1001スイスフラン)でした。 米国株式がネガティブな企業収益で下げ、渦を巻くよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国石油市場は、刺激策への失望と精油所利ざやとでもみ合いの末、若干の上げ

Crude Futures Hold the Line 原油は44セント高の$90.57、RBOBは3.66セント高の$2.3034、ヒーティング・オイルは0.39セント高の$2.5074でした。 Bush政権の成長政策の提案が、米国がリセッションに陥るという懸念を拭い去るのに失敗し、金曜日の原油先物は騒がしいトレードの中で序盤…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

米国穀物市場は、小麦高、大豆安、コーンほぼ変わらず

【小麦】 Mar'08は14’0セント高の940’4セントでした。 MGEが新高値に接し、ブル・モーメンタムや供給懸念で高くなったそうです。 全ての取引所(CBOT,KCBT,MGE)は取引時間内でストップ高となりましたが、CBOTとKCBTは終りでは利食い売りで上値を削ることになりました。 MGEがKCBTやCBOTを先導するとと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国株式市場は、巻き戻しでドルは値を保つ、円は上昇

木曜日の遅くには、ユーロは$1.4659(前日$1.4657)、円は¥106.73(前日¥107.54)、ユーロ/円は¥156.51(前日¥157.60)、ポンドは$1.9704(前日$1.9628)、スイスフランは1.1001スイスフラン(前日1.0993スイスフラン)でした。 沢山の弱い米国データやFEDヘッド(Bernank…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国石油市場は、需要不安で下落

原油は71セント安の$90.13、ヒーティング・オイルは1.49セント安の$2.5035、RBOBは1.15セント安の$2.2668でした。 米国経済の鈍化が国内の原油需要を抑えるとして、原油先物は木曜日には5週間の安値に下落しました。 木曜日は12月11日以来の当限におけるクローズでの安値をつけました。 (原油)先物は2週…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国穀物市場は、利食い売りなどで下落

【小麦】 Mar'08は5’4セント安の926’4セントでした。 MGEが歴史的な高値になったとともにCBOTはまちまちの動きとなったそうです。 序盤では、MGEもCBOTもUSDAがトータルの冬小麦の作付面積不足を示して高くなった後での利食い売りで安くなっていました。 序盤の下げは、USDAのsoft red winter whe…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国為替市場は、欧州経済鈍化思惑でドル高、円は上げ止まり

水曜日の遅くには、ユーロは$1.4657(前日$1.4802)、円は¥107.54(前日¥106.94)、ユーロ/円は¥157.60(前日¥158.27)、ポンドは$1.9628(前日$1.9630)、スイスフランは1.0993スイスフラン(前日1.0933スイスフラン)でした。 原油価格の下落やユーロ・ゾーンの経済成長が鈍化する…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

米国石油市場は、在庫増加で下落

原油は$1.06安の$90.84、RBOBは3.09セント安の$2.2783、ヒーティング・オイルは2.88セント安の$2.5184でした。 経済への懸念を伴って原油および製品在庫の増加が原油価格を$91以下に引き下げ、水曜日には原油は4週間の新たな安値に下落しました。 DOE(Department of Energy)デー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国穀物市場は、エーカー・バトル継続でほぼ堅調

【小麦】 Mar'08は15’0セント高の832’0セントでした。 KCBTやMGEの期先が大幅高となり、最近の急騰でのモーメンタム(勢い)で高くなったそうです。 KCBTやMGEの上げは冬小麦の少ない植付懸念と売り込む向きの少なさからとのことです。 CBOTで商品ファンドは推定で2,000枚購入したそうです。 新穀を代表するJul…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

米国為替市場は、弱い経済データでの円高がドルを対ユーロで引き上げる

ニューヨークでは、ユーロは$1.4828(前日$1.4871)、円は¥106.83(前日¥108.19)、ユーロ/円は¥158.40(前日¥160.89)、ポンドは$1.9650(前日$1.9566)、スイスフランは1.0917(前日1.0925スイスフラン)でした。 非常に弱い米国小売売上データと大きな米国の銀行の評価損失で、円…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国石油市場は、需要弱含み懸念で下落、金も若干の下落

原油は$2.30安の$91.80、RBOBは6.36セント安の$2.33092で、ヒーティング・オイルは4.05セント安の$2.5487でした。 米国小売売上が予想以上に弱く、石油需要の減速懸念が一層高まり、火曜日の原油先物は3週間での安値へと下落しました。 金価格は火曜日には大きく値が動いたものの、終値では僅かな下げとなりました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国穀物市場は、大豆旧穀(期近)を除いて上げを継続

【小麦】 Mar'08は7’6セント高の917’0セントです。 期先はストップ高を含む高値となりましたが、期近は終りにかけて上昇分を削ったそうです。 期先のJul'08はシカゴ、カンサスシティ、ミネアポリスの各市場ともにそれぞれ30セントのストップ高あるいはそれに近い値となったそうです。 序盤では、金曜日のUSDAレポートで2008…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国石油市場は、Bushのイラン非難、ドル安、気温低下予測などで上昇

(Wall Street Journalからのニュースが無く、他のニュース・ソースからの概要のみを記述します。) 原油は$1.54高の$94.23で、ヒーティング・オイルは5.41セント高の$2.5900、RBOBは5.21セント高の$2.3724でした。 次の理由で原油は下落となったようです。 中東訪問のBush…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国為替市場は、追加利下げ思惑でドル軟調

月曜日の午後には、ユーロは$1.4870(前日$1.4778)、円は¥108.18(前日¥108.97)、ユーロ/円は¥160.87(前日¥161.04)、ポンドは$1.9563(前日$1.9572)、スイスフランは1.0927スイスフラン(前日1.1018スイスフラン)でした。 FEDの追加利下げの思惑や米国サブプライム問題での…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国商品市場(穀物、貴金属など)の見方(Wall Street Journalの記事から)

Wall Street Journalの記事「Grains Rally, Gold Ends Near $900」の内容です。 農務省による金曜日の強気の作物レポートは、高価格がインフレ圧力の増大懸念を増長することで、穀物市場から他の商品へと波紋を引き起こしました。 レポートにより直接影響を受ける米国穀物は、コーンの供給…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国穀物市場は、USDAレポートで上昇

【小麦】 Mar'08は26’6セント高の909’2セントでした。(殆どの限月がストップ高となっています。) UADAの作付面積レポートで上昇となったそうです。 ”USDAの強気のプランティング数値が市場の注目をつかみ、テクニカルな強さや上限まで価格を押し上げるほどの投機的な買いで市場には強気の姿勢があることによるものだ。”、との声…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more